イタリア文化・語学学校 レッジョ・リングァ
教育メソッド
学校スタッフ 
アクセス
お問い合わせ 
受講生の声 
イタリア語コース
グループレッスン/プライベートレッスン
CELI準備コース
講師宅ホームステイコース
企業向けサービス
特別コース
高校生や大学生向けのコース
イタリア料理コース
トーキング・ティスティング・トラベリングコース
声楽コース
レッジョ・エミリアでの生活
なぜレッジョ・エミリア
滞在先
フリータイム
料金と受講申込
料金
お申込とお支払
ビザと滞在許可証
お申込フォーム
NEWS/ラスト・ミニッツ・コース

イタリア文化・語学学校 レッジョ・リングァ


教育メソッド


当校では、状況に応じた臨機応変なコミュニケーション能力を習得することをベースにし、Common European Framework of Reference for Languages ヨーロッパ言語共通参照枠 (略してCEFR)でも推奨されているように、言語能力を発揮するために必要な4つの基本要素(聞き取る、話す、読む、書く)を段階的に伸ばしていくことを目標として、レッスンを行っています。

グループレッスンの場合は、各受講生のレベルに合わせて少人数グループ(3~8名)を編成し、すべての受講生が積極的にレッスンに参加して、リラックスしながら落ち着いた雰囲気で受講できるレッスンになるよう配慮しています。

そして、レッジョ・リングァでは、すべての受講生に現代の生きたイタリア語を教えることだけでなく、イタリアの歴史や文化へのを理解を深めてしてもらうことも目標としています。

そのため、レッスンでは、シミュレーションやロールプレイイング方式での会話練習、身の周りのニュースや社会情勢、また映画についてのディスカッション、文学作品や新聞記事の分析、音楽鑑賞など、バラエティに富んだ内容を通して、イタリア語・イタリア文化が学べます。さらに、レッスンで習得したイタリア語の知識を、実生活の中で本格的に活用する練習のひとつとして、町に出かけ、地元レッジョエミリアの人々へのインタビュー、市場や商店、旅行代理店、美術館への訪問といった教室外でのフレッシュな授業も含まれています。



6レベルに分かれたグループレッスン


 コース初日に、受講生全員を対象に入学テストを実施し、各受講生のイタリア語レベルを正確に把握したうえで、適切なクラス分けを行います。

  1. 入門レベル(A1): イタリア語の知識を全く持たない受講生が対象です。イタリア語を使って、日常生活での基本的なコミュニケーションができるようになることを目標とします。

  2. 初級レベル(A2): イタリア語文法の基礎的な知識を持つ受講生が対象です。文法の知識をより深め、語彙を増やしながら、様々なフレーズをイタリア語で表現できるようになることを目標とします。

  3. 中級レベル(B1 - B2): 初級レベル以上のイタリア語文法知識と語彙がある受講生が対象です。より流暢で正確なイタリア語で会話ができる、また時事やその他の話題に関して自信をもって意見を述べられるようになることを目標とします。

  4. 上級レベル(C1 - C2): 豊富な学習経験があり、すでにイタリア語に精通していて、より高度なイタリア語へのスキルアップを望む受講生が対象です。レッスンでは、各受講生が興味を持つ話題を取り上げ、より的確な文章表現の習得や、イタリア語文法の体系化をはかりながら総合的にイタリア語能力の向上を目標とします。
コース期間中、学習の進捗状況は、様々な形式でチェックされます。コース修了時には修了テストを行い、すべての受講生に修了証が発行されます。

Italian language lessons Italian language lessons
Students attending the italian language course Students attending the italian language course
Italian language lessons Italian language lessons
Italian language lesson at the marketItalian language lesson at the market
Italian lesson in the kitchenItalian lesson in the kitchen


イタリア文化・語学学校 レッジョ・リングァ


教育メソッド


当校では、状況に応じた臨機応変なコミュニケーション能力を習得することをベースにし、Common European Framework of Reference for Languages ヨーロッパ言語共通参照枠 (略してCEFR)でも推奨されているように、言語能力を発揮するために必要な4つの基本要素(聞き取る、話す、読む、書く)を段階的に伸ばしていくことを目標として、レッスンを行っています。

グループレッスンの場合は、各受講生のレベルに合わせて少人数グループ(3~8名)を編成し、すべての受講生が積極的にレッスンに参加して、リラックスしながら落ち着いた雰囲気で受講できるレッスンになるよう配慮しています。

そして、レッジョ・リングァでは、すべての受講生に現代の生きたイタリア語を教えることだけでなく、イタリアの歴史や文化へのを理解を深めてしてもらうことも目標としています。

そのため、レッスンでは、シミュレーションやロールプレイイング方式での会話練習、身の周りのニュースや社会情勢、また映画についてのディスカッション、文学作品や新聞記事の分析、音楽鑑賞など、バラエティに富んだ内容を通して、イタリア語・イタリア文化が学べます。さらに、レッスンで習得したイタリア語の知識を、実生活の中で本格的に活用する練習のひとつとして、町に出かけ、地元レッジョエミリアの人々へのインタビュー、市場や商店、旅行代理店、美術館への訪問といった教室外でのフレッシュな授業も含まれています。



6レベルに分かれたグループレッスン


 コース初日に、受講生全員を対象に入学テストを実施し、各受講生のイタリア語レベルを正確に把握したうえで、適切なクラス分けを行います。

  1. 入門レベル(A1): イタリア語の知識を全く持たない受講生が対象です。イタリア語を使って、日常生活での基本的なコミュニケーションができるようになることを目標とします。

  2. 初級レベル(A2): イタリア語文法の基礎的な知識を持つ受講生が対象です。文法の知識をより深め、語彙を増やしながら、様々なフレーズをイタリア語で表現できるようになることを目標とします。

  3. 中級レベル(B1 - B2): 初級レベル以上のイタリア語文法知識と語彙がある受講生が対象です。より流暢で正確なイタリア語で会話ができる、また時事やその他の話題に関して自信をもって意見を述べられるようになることを目標とします。

  4. 上級レベル(C1 - C2): 豊富な学習経験があり、すでにイタリア語に精通していて、より高度なイタリア語へのスキルアップを望む受講生が対象です。レッスンでは、各受講生が興味を持つ話題を取り上げ、より的確な文章表現の習得や、イタリア語文法の体系化をはかりながら総合的にイタリア語能力の向上を目標とします。
コース期間中、学習の進捗状況は、様々な形式でチェックされます。コース修了時には修了テストを行い、すべての受講生に修了証が発行されます。

Italian language lessons Italian language lessons
Students attending the italian language course Students attending the italian language course
Italian language lessons Italian language lessons
Italian language lesson at the marketItalian language lesson at the market
Italian lesson in the kitchenItalian lesson in the kitchen